第35回「昭島生まれのシイタケ」(2007年3月放送)
「昭島生まれのシイタケ!!-昭島子ども放送局第1弾-」

昭島市で、一ヶ所になってしまった原木栽培のシイタケ農園を、昭島市立つつじが丘南小学校の「子ども放送局」がレポートします。しいたけ栽培の様子や、ご主人の思いなどを子どもたちが自分たちの力でインタビューし、地域の魅力を再発見します。
※子ども放送局は、小学生が地域に根ざした番組を制作するプロジェクトで、「多摩探検隊」が企画、サポートしています

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2007-03-01 00:00 | 昭島市
第34回「シリーズ多摩の酒④」(2007年2月放送)
「多摩の宝箱 ~あなたの一番大切なものは何ですか?~」

「あなたの一番大切なものは何ですか?」。そう聞かれた時、あなたが最初に思い浮かべるものは何でしょう。今回は多摩に住む皆さんに自分の一番大切なものを語ってもらいました。「多摩の宝箱」から、今回は、どんな大切なものが出てくるでしょうか?お楽しみに!

「シリーズ多摩の酒④ 田村酒造」

酒シリーズ第4弾。今回は、東京都福生市にある「田村酒造」を取材しました。田村酒造は、文政5年(1822年)に酒造りを始めた伝統ある酒蔵です。敷地内には、お酒の名前「嘉泉」の由来になった“あるもの”も残っているそうです。この伝統的な酒蔵を女子大生リポーターが紹介します。今回はシリーズ初の「女性職人」も登場!もちろん、試飲コーナーもありますよ!

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2007-02-01 00:00 | 福生市
第33回「女子大生がゆく 多摩で滝修行!」(2007年1月放送)
「ありがとう~大切なあの人に伝えたい気持ち~」

大切な人に伝えたい気持ち「ありがとう」。普段はなかなか言えない感謝の気持ちを、カメラに向かって話してもらいました。場所は多摩都市モノレール沿いの柴崎緑道。そこには、あなたへの「ありがとう」があるかもしれません。

「女子大生がゆく 多摩で滝修行!」

高尾山に轟く水の音。その正体は、はるか頭上から流れ落ちる滝の音。都内で数少ない滝修行の道場「蛇滝水行道場」で、女子大生レポーターが滝修行に挑戦しました。滝に打たれるとどうなるか?それは見てのお楽しみ。心身ともにリフレッシュできるVTRを、どうぞご覧下さい。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2007-01-01 00:00 | 高尾山
第32回「昭島子ども放送局2006」(2006年12月放送)
「昭島子ども放送局2006 in 昭島市産業まつり」

昭島市の商工業や農業について紹介している昭島市産業まつりを、昭島市立つつじが丘南小学校の「子ども放送局」がレポートします。子どもたちが自分たちの力で様々な人にインタビューし、地域の魅力を再発見します。
※子ども放送局は、小学生が地域に根ざした番組を制作するプロジェクトで「多摩探検隊」が企画、サポートしています。お問い合わせはinfo@tamatan.tvまでお願いします。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-12-01 00:00 | 昭島市
第31回「手作りこんにゃく物語-八王子-」(2006年11月放送)
「ありがとう ~勤労感謝の日~」

11月23日は勤労感謝の日。そこで、今回の「ありがとう」は勤労感謝の日バージョンでお送りします。普段はなかなか言えない感謝の気持ちをカメラに向かって話してもらいました。

「手作りこんにゃく物語-八王子-」

明治14年創業のこんにゃく屋、「中野屋商店」。最近ではオートメーション化が進むこんにゃく作りですが、ここでは昔ながらの製法にこだわっています。ご主人が手作りにこだわる理由は何なのでしょうか。こんにゃくができる様子とともに注目してご覧ください。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-11-01 00:00 | 八王子市
第30回「多摩の手作り醤油」(2006年10月放送)
「ありがとう ~支えてくれたあなたに~」

よく晴れた休日。高尾山に来ているみなさんに、普段は言えない「ありがとう」の気持ちをカメラに向かって伝えてもらいました。さわやかな青空と、あざやかな緑の美しい景色にのせて、心温まるメッセージをお送りします。

「多摩の手作り醤油」

日本人の食卓に欠かせない調味料といえば? それは醤油。あきる野市には、代々手作りで醤油を作り続けている「近藤醸造」があります。あまり知られていない醤油の製造工程や、醤油造りの伝統が父から息子へと受け継がれていく様子などを、元気な学生レポーターが取材しました。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-10-01 00:00 | あきる野市
第29回「多摩の名人 ~けん玉に人生をかける男~」(2006年9月放送)
「ごめんなさい ~声に出して伝えよう~」

今回は多摩都市モノレール・多摩センター駅より程近い、多摩中央公園での、「ごめんなさい」。普段は言えないお詫びや感謝の気持ちを、カメラを通して伝えてもらいました。
人々の笑い声で賑わう公園の風景と、人それぞれの“ごめんなさい”の気持ちをお送りします。

「多摩の名人 ~けん玉に人生をかける男~」

日野市に住む伊藤佑介さんは、日本唯一のプロけん玉師です。けん玉の技「もしかめ」耐久のギネス記録を持つ彼は、イベント出演やけん玉教室などで日々活躍しています。
子供の「遊び」である、けん玉を「職業」にし、けん玉一本で生計を立てる伊藤さん。そんな彼の、けん玉にかける思いや葛藤、将来の夢を描いたドキュメンタリーです。
華麗な技もたくさん登場します!

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-09-01 00:00 | 日野市
第28回「61年目の祈り~青梅に墜落したB29~」(2006年8月放送)
多摩探検隊特別企画「61年目の祈り~青梅に墜落したB29~」

15日は、61回目の終戦記念日。
「多摩探検隊」では毎年8月に、戦争を生きぬいてきた人々の証言という「形なき戦跡」を、微力ながら映像に記録していこうと番組制作に取り組んでいる。
今回取り上げるのは、昭和20年に青梅市柚木町の山中に墜落したB29をめぐる秘話である。
武蔵野市にあった中島飛行機を爆撃したB29は日本軍の高射砲攻撃によって被弾。11人の搭乗員のうち6人は落下傘で脱出したが、5人は炎上する機体とともに青梅山中に墜落した。エンジンは今も青梅市に保存されている。
今回の番組は、目撃した人々の証言、そして武士道を説いた作家・吉川英治の逸話を掘り起こしながら、墜落現場に慰霊碑を建てた地元の人と生き残りの米兵との交流などをドキュメンタリーとして描いたものである。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-08-01 00:00 | 多摩の戦跡
第27回「ステッキ職人 ~作り続けて50年~」(2006年7月放送)
「ステッキ職人 ~作り続けて50年~」

日本橋・三越に飾られた126万円のステッキ。このステッキを作った職人さんが、多摩地区にいます。八王子市在住の磯部周二郎さんです。今回の「多摩探検隊」は、様々な苦労を乗り越えながら、50年にわたって日本最高級のステッキを作り続けてきた磯部さんの人生にスポットを当てます。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-07-01 00:00 | 八王子市
第26回「多摩の野生動物ムササビを探せ!!」(2006年6月放送)
「多摩の野生動物ムササビを探せ!!」

多摩の魅力の一つに、豊かな自然があります。そして、そこには様々な野生動物が生息しています。今回の多摩探検隊は、普段目にすることができない「ある野生動物」を追い続けました。
その「ある野生動物」とは、ムササビ。哺乳類なのに空を飛ぶことができる-そんな格好良いムササビを一度見てみたいと、多摩探検隊は、登山者や専門家から情報を集め、高尾山へ通い続けます。暗中模索の日々。そして、ついに・・・。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-06-01 00:00
第25回「武蔵村山物語」(2006年5月放送)
「武蔵村山物語~カルタが描く街~」

2005年に武蔵村山市で、「武蔵村山郷土カルタ」というものが作られた。同年春に、歴史郷土の会という団体が計5回、武蔵村山を探索して、武蔵村山に残る歴史を説明して回った。そして武蔵村山に関する句を市民に募集した結果、子供から大人まで応募された句は総数771句。その中から45句が選出され、武蔵村山郷土カルタが作られた。カルタの五・七・五の句だけでなく、描かれている絵もまた、句を考えた市民が描いたものである。
自分の住んでいる町の歴史や文化を知ってほしいという願いから生まれた、郷土カルタ。身近な町の、普段は気づかなかったことを発見する喜びなど、たくさんのことを気づかせてくれるカルタは、この町にとってかけがえのない存在となるだろう。
市民が力を合わせて作ったこのカルタの紹介とともに、カルタに込められた思いを伝える。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-05-01 00:00 | 武蔵村山市
第24回「東京こけし物語」(2006年4月放送)
「ありがとう~スポーツ特集~」

おなじみのコーナー「ありがとう」。今回はスポーツに励む方々にスポットを当てました。元気いっぱい、さわやかなメッセージをお送りします。

「東京こけし物語」

八王子市で木工所を営む大蔵國宜さん。伝統の職人技を駆使してさまざまな工芸品を作られています。なかでも、目新しく、可愛らしい形と、素朴な色合いの花模様が描き込まれた「東京こけし」は、大蔵さんご夫婦の共同作業で作られます。愛らしいこけしに込められたご夫婦の絆を描き出した、心があたたまる一作です。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-04-01 00:00 | 八王子市
第23回「多摩ニュータウン特集」(2006年3月)
「多摩ニュータウンの今とこれから」

昨年、多摩ニュータウンは都市計画決定から40年を迎えた。今年は第1次入居開始から35年になる。開発事業は、本年での終了が予定されている。街や人、ライフスタイルの変化の中で、住民の方々は何を思い、どんな生活を送っているのだろうか。3月という節目のときに、この街の過去と未来を考える。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-03-01 00:00
第22回「シリーズ多摩の酒③」(2006年2月放送)
「がんばれ! ~あなたが伝えたい気持ち~」

あなたの周りに居る、頑張っている人。例えば部活、仕事、子育て、勉強・・・。そんな頑張っているアナタの周りの人に、普段は言えない「がんばれ!」という気持ちを、カメラに向かって言ってもらいました。

「シリーズ多摩の酒③ 中島酒造」

今回は八王子で最後の一軒となった中島酒造さんを取材しました。日本が戦争へと向かうなか、軍部の企業整備命令のために酒造りは中止へと追い込まれました。さらに、空襲で酒蔵が全焼という悲劇に見舞われます。しかし、酒造りを愛し伝統を守ろうという意気込みが、戦後に酒蔵を復興させ、そして現在の酒造りへとつながっています。今回は、そんな中島酒造さんの心意気をお伝えします。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-02-01 00:00 | 八王子市
第21回「多摩で味わう!至福の時間」(2006年1月放送)
多摩探検隊新春特別企画「多摩で味わう!至福の時間(とき)」

一年の計は元旦にあり。一日の計は朝にあり。朝食は、一日のスタートをきる上で大切なものである。しかし現在、朝食を食べない若者が増えてきている。朝食の大切さをもう一度見直すべく、身近にある食材を使った珠玉の朝食を求めて、多摩探検隊が新鮮な卵を探しに多摩を探検する。
レポーターが多摩の街行く人に、「鶏を飼う家はありませんか」と突撃インタビューを試みる。紆余曲折を経て、ウコッケイを昔ながらに地面の上で「地鶏状態」で飼う家にたどり着いた。1年に80個程度しか卵を産まないウコッケイ。多摩探検隊は、「その時」を粘り強く待ち続けた。そして・・・。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2006-01-01 00:00
第20回「八王子ラーメン特集」(2005年12月放送)
「八王子ラーメンがつなぐ熱い思い ~八麺会の町おこし~」

八王子ラーメンで、町おこしをしようと考えて始まった「八麺会」。そこには、八麺会スタッフの方々、ラーメン屋さん、そして製麺所の方々の八王子ラーメンに対する熱い思いがありました。今回はそんな方々に密着取材しました。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2005-12-01 00:00 | 八王子市
第19回「おもちゃ病院を訪ねて」(2005年11月放送)
「おもちゃ病院を訪ねて―ドクターたちの生きる場所―」

いま全国で、子供たちの壊れたおもちゃを修理する「おもちゃ病院」の活躍が広まっているのをご存知ですか?これは、そこで新たな生きがいを発見し、第二の人生を歩むおもちゃドクターたちのドキュメンタリーです。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2005-11-01 00:00 | 多摩市
第18回「親子でつなぐ 手作りとうふ」(2005年10月放送)
「親子でつなぐ 手作りとうふ」

高幡不動にあるお豆腐屋“三河屋”。今回その三河屋さんを取材しました。
親子で営まれ、人情味あふれる三河屋さんでの豆腐作りや大豆へのこだわり、親から子へと受け継がれる職人の心。ご主人や息子さんの想いをつづったドキュメンタリーです。

「ありがとう in 高幡不動尊」

古来関東三不動のひとつに挙げられる高幡不動尊。今回そこに参拝していた方々や住職さんなどに、普段は言えない感謝の気持ちを、カメラを通して伝えてもらいました。境内の景観と共に、様々な“ありがとう”の気持ちをお送りします。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2005-10-01 00:00 | 日野市
第17回「あったかうど家族」(2005年9月放送)
「あったかうど家族」

立川市にひとつの大きな農園があり、そこでは立川名物・東京うどを育てている家族がいました。昔ながらの絆で結ばれている、とても素敵な家族をリポートしました。
珍妙なリポーターがお送りする、ほのぼのした一作です。

「ありがとう~敬老の日~」

9月16日は敬老の日です。多摩センターで出会った人々におじいちゃん、おばあちゃんへの感謝を込めたメッセージを言ってもらいました。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2005-09-01 00:00 | 立川市
第16回「60年目の記憶 ~多摩地区に残る戦争の傷跡~」(2005年8月放送)
「多摩探検隊」特別企画 「60年目の記憶 ~多摩地区に残る戦争の傷跡~」

今年は、終戦60年の節目の年である。 私たち「多摩探検隊」は、昨年5月の放送開始より、さまざまな「多摩に埋もれた魅力」を掘り起こしてきた。そして今回、「多摩探検隊」は、60回目の終戦記念日を迎える8月の放送に合わせ、「戦争と平和」を題材に「多摩地区の戦災」について取材を試みた。取材した場所は主に、東大和市にある「旧日立航空機立川工場変電所」と八王子市相即寺にある「ランドセル地蔵」である。
今となっては、戦争は「どこか違う世界で起こるもの」という認識が強くなってきたと感じる。また、戦争といえば「広島」、「長崎」、「沖縄」、「東京大空襲」などといったような特定の地域、事項しか注目を浴びず、マスメディアも、なかなかそれ以外を報道しない傾向があると思う。
しかし、私たちが生活するこの多摩地区にも、「戦争の歴史」は確かにあるのだ。今回の企画を通し、多摩地区の戦災に焦点を当てることで、自分の身近、日常にも「戦争の傷跡」が存在することを伝えていきたい。そして、「悲惨な過去」があってこそ、「平和な現在」があり、それが「未来」につながっていくことを再考するきっかけになればいいと考えている。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2005-08-01 00:00 | 多摩の戦跡
第15回「シリーズ多摩の酒造② 石川酒造」(2005年7月放送)
「シリーズ多摩の酒造② 石川酒造」

福生市にある、昔ながらの伝統的な酒蔵を続けている石川酒造。一つ一つ、時間と手間をかけて丁寧に作ることにこだわっている。水がきれいな福生だからこそおいしい酒が作れるという。最近では、日本酒だけでなく、地ビールにも力を入れている。そんな、お酒に対する想いを、杜氏さん、社長さんにインタビューしました。

「手焼きせんべい物語」

立川市にある、創業35年の手焼きせんべい屋。手焼きせんべいのおいしさの秘密や、ご主人の家族や、お客さんに対する人間味あふれる人柄をリポート。そして、今抱えている後継者問題についても語っていただきました。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2005-07-01 00:00 | 福生市
第14回「お父さんにありがとう」(2005年6月放送)
「~昔懐かしい飴細工~高尾山の師匠をリポート!」

八王子市に住む飴細工師の水木貴広さんをリポーターが突撃インタビューしました。飴細工が完成するまでの様子や飴細工師へのインタビューなどをお送りします。
リポーターも飴細工に挑戦。果たしてその出来栄えは…!?

「お父さんにありがとう」

来たる6月19日は父の日です。そこで、お父さんに対する普段言えない感謝の気持ちを、カメラを通じて言ってもらいました。お父さんの似顔絵も書いてもらいました。心温まるメッセージをお送りします。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2005-06-01 00:00 | 八王子市
第13回「多摩探検隊とCATV、市民放送局のこれから」(2005年5月放送)
「多摩探検隊とCATV、市民放送局のこれから」

2004年5月からスタートした多摩探検隊は、来月で一周年を迎えます。私たちはこの一年間、多摩という比較的関心の薄い地域に埋もれた魅力や情報、人物を発見し、実は多摩にも面白いことや、楽しいこと、そして多くの素敵な人が生きていることを紹介してきました。また、学生が地域の人たちや子供たちとともに制作するこの番組は、日本初のレギュラー番組であり、放送エリアも5局に拡大しました。
そこで今回は、一周年記念スペシャルと題し、多摩探検隊の総集編や、アメリカ・沖縄の事例を通して、日本のCATVにおいて学生や市民が制作する番組が、今後広がる条件や可能性などを探求したいと思います。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2005-05-01 00:00
第12回「八王子手作り納豆物語」(2005年4月放送)
「八王子手作り納豆物語」

八王子にある小堀栄養納豆店は、地釜一筋70年で昔ながらの味を守り続けている納豆屋さん。ご主人の豆に対する細やかな配慮は、大量生産には真似できないここだけの持ち味となっている。先代からかわらない味のファンも多く、常連客も多い。地域に密着した手作り納豆屋の1日を追ったドキュメンタリー。

「ありがとう~卒業式編~」

出会いと別れの春。今回のありがとうは、3月5日に3年間の学生生活に別れを告げた高校の卒業式を取材。高校生がカメラに向かって、共に学んだ友人や先生へありがとうの気持ちを語る。

クリックで再生
[PR]
# by tamatankentai | 2005-04-01 00:00 | 八王子市



中央大学FLP松野良一ゼミが制作する地域再発見番組「多摩探検隊」のアーカイブサイトです。情報提供などは、tamatan2@gmail.com
検索
カテゴリ
以前の記事
放送局・放送時間
東京・多摩地区
多摩テレビ
火・木・土曜日
 18:00~18:10
日野ケーブルテレビ
月曜日
 12:30~12:40
火・木曜日
 19:30~19:40
多摩ケーブルネットワーク
11月は
8日(月)~14日(日)
 10:00~10:10・
 14:00~14:10・
 20:30~20:40
八王子テレメディア
月曜日
 12:30~12:40・
 18:20~18:30
火・木曜日
 23:30~23:40
水・金曜日
 18:20~18:30
日曜日
 6:30~6:40
JCNマイテレビ
火・木曜日
 19:30~19:45
金曜日
 12:30~12:45
土曜日
 12:45~13:00
日曜日
 20:00~20:15

九州地区
テレビ佐世保
第1・第3日曜日
 8:30~8:40
第2・第4月曜日
 20:30~20:40
以上を定時放送とし他に不定期に月間3回ほど放送
ケーブルステーション福岡
第4土曜日
 17:50~18:00
 22:50~23:00
第4日曜日
 10:50~11:00
 17:50~18:00
 22:50~23:00
 26:50~27:00

最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧